札幌市の市街地周辺にある山林で広範囲にわたり、少なくとも計33頭のヒグマが生息していることが札幌市、酪農学園大(江別)、道立総合研究機構(札幌)の合同調査で分かった。確認されたうち11頭は子グマで、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)