台風5号の影響で順延し、八日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕した第九十九回全国高校野球選手権大会。開会式で県代表の大垣日大の選手は、堂々と大舞台の土を踏みしめた。  岐阜大会の優勝旗を掲げた柴田修...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)