山形大会では背番号1の森田南々斗をはじめ計4投手が持ち味を発揮した。絶対的な柱はいないが、タイプが異なる左右の投手がいることが強み。バッテリーを中心にした堅い守備で、僅差の展開に持ち込みたい。  ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)