投手戦のち乱打戦、そして再び投手戦へ。試合の展開は序盤、中盤、終盤でめまぐるしく入れ替わった。必死で食らいつき、取られても取り返す。藤枝明誠ナインの思いは一つ。「(久保田)蒼布を勝利投手にしたい」だ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)