まるで太古の遺跡―。後志管内積丹町沖の海中には柱状節理と呼ばれる特殊な地形が鎮座し、ダイバーの人気を呼んでいる。柱状節理は、溶岩が冷えて固まる際に生じる規則的な割れ目で、断面が六角形などになる。水中...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)