■初戦突破へ全力支援  県勢として31年ぶりに春夏連続の甲子園に挑む高岡商。野球部員69人のうち、背番号をもらえるのは一握りだ。大半の部員はベンチ入りした仲間たちを陰で支えている。主務の室永天(そら...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)