釧路湿原国立公園が7月31日で指定30周年を迎えた。戦後は農地開拓が進み、1970年代には工業用地としての開発案も浮上した国内最大の湿地がどう守られ、次世代に、どんな自然を残そうとしているのか。釧路...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)