■悔しい守備のミス  初戦で優勝候補の飛龍(静岡)と対戦したソフトボール男子の牛津は、序盤こらえたものの、中盤に崩れて0-9の五回コールド負け。釘本晋監督は「守備のミスで点をとられ、相手を安心させて...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)