道産子ルーキーの玉井が、敗戦の中でも存在感を発揮した。五回までに5失点の上原に代わり、2番手で六回からマウンドへ。七回まで2イニングを6人で完璧に抑え、打線の援護を待った。  六回は7番・武田から...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)