敗戦の痛みより、今後への期待を大きく感じたファンは多かっただろう。高卒新人の東北楽天・藤平が6回2失点と上々の結果で本拠地デビューした。プロ初先発した6月16日の阪神戦、5回2失点で敗戦投手になった...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)