東北楽天の森原が約2カ月ぶりに本拠地のマウンドに戻ってきた。0-2の七回に2番手で登板し、直球主体の投球で無失点にしのいだ。  2死三塁のピンチを招いたが、最後は荻野を伸びのある140キロ台後半の直...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)