東北楽天は終盤の追い上げも及ばず、同一カード3連勝を逃した。本拠地初先発の新人藤平は6回2失点の粘投で試合をつくったが、打線の援護を得られず2敗目。打線は0-2の八回、1死一、三塁から銀次の二ゴロの...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)