「最後に審判の右手が挙がった瞬間からインタビューの直前まで記憶が欠落している」  二十六日の三重大会決勝。三重を破った時、津田学園の佐川竜朗監督(38)の気持ちは「これまでないほど高ぶった」。背景...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)