フィギュアスケートの四大陸選手権女王の三原舞依(神戸ポートアイランドク)が平昌(ピョンチャン)冬季五輪シーズンに備え、新たな演目に取り組んでいる。情熱的なタンゴを踊るショートプログラム(SP)と柔ら...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)