仙台の真の敵は天候だったのかもしれない。濃霧がピッチを覆い尽くし、試合は10分間中断したほどで、真夏には異例となるオレンジの公式球が使われた。「決して言い訳にしたくない」と仙台イレブンは口々に言うが...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)