■厚い選手層、技術磨き合う  弓道男子団体で昨年を超える8強入りを果たした掛川東が、また一つ全国の階段を上った。一関工(岩手)との準々決勝は12―12で、5人各1本の競射の末に勝利。「負けたくない気...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)