大阪市のフェスティバルホールで4日に開かれた夏の甲子園の組み合わせ抽選会。おかやま山陽(岡山)が初戦の相手に決まると、聖光学院ナインは初戦突破に改めて闘志を燃やした。主将の仁平勇汰(3年)は「常に下...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)