東北楽天先発の岸が我慢の投球でエースの仕事をした。1-2とリードを許したまま八回を前に降板したとはいえ、先発が役割を果たせず連敗に陥った嫌な雰囲気を振り払った。手元を狂わせる小雨にも負けない投球で、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)