捕手の加藤祐作は、練習中の真剣な表情とは対照的に、クラスでは人を笑わせることが好きなムードメーカーの一面を持つ。中学までは先発争いで苦労した思い出はない。高校はあえて、熾烈(しれつ)な競争に身を投じ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)