■決勝T、1本の差に泣く  ベスト8をかけた戦いは1本の差に泣いた。弓道男子団体決勝トーナメント2回戦。インターハイに6年ぶりに出場した龍谷は、一関工(岩手)に13-14で惜敗し、入賞圏を逃した。松...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)