全力で一塁ベースを駆け抜けた。セーフになりたい一心で無意識に走っていた。大谷が復帰後初めて全力疾走を“解禁”した。  3試合連続となる4番(DH)での出場。2安打した後の第3打席だった。六回一死走...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)