■果敢に攻め国体へ照準  最後のインターハイで持てる力を十二分に発揮した。レスリング男子個人60キロ級の小柴亮太(鳥栖工)が銀メダルを獲得。決勝はTフォールで完敗したものの、小柴健二監督は「技を仕掛...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)