東北楽天は打線を組み替え、銀次を2番に据えた打順で臨んだ。一回につながって先制しており、銀次は「意識せず普通にできた。いいんじゃないですか」と手応えを語った。  一回は1死から銀次が四球で出塁し、3...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)