卓球界では「遅咲き」とされる23歳の大島祐哉(木下グループ、東山高-早大出、綾部市出身)が、大舞台で一気に頭角を現した。6月の世界選手権男子ダブルスで森薗政崇(明大)と組み、日本勢としてこの種目で48...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)