第九十九回全国高校野球選手権大会の開幕を七日に控え、県代表の大垣日大の選手たちが二日、兵庫県西宮市の甲子園球場で練習をした。  各校がグラウンドで練習できる時間は三十分。大垣日大はノックを中心に練...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)