マウンドへと向かう森田直哉(3年)に、気負いはなかった。佐賀大会準決勝の佐賀工戦。先発の安在悠真(2年)と五回から継投した松隈晴基(3年)が打ち込まれ、7-7と追い付かれた六回表。なおも2死二、三塁...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)