宮城大会は仙台育英が決勝で東北を破って69チームの頂点に立ち、幕を閉じた。仙台育英は主戦の左腕長谷川を軸に投打がかみ合い、延長十五回引き分け再試合となった準決勝を含む全7戦を勝負強く勝ち抜いた。  ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)