バドミントン男子団体で、ふたば未来学園が3年ぶりに王座を奪還した。本多監督が「絶対的な柱」と信頼する日本B代表の久保田、金子組を軸にチーム一丸となって歓喜を引き寄せた。  ダブルス2とシングルス3の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)