ソフトボールの奈良女子は、エース田口の投打に渡る活躍で2回戦を突破した。  強打の利府(宮城)に先制を許し、初戦と同じゼロ行進の厳しい試合展開。七回、小寺の中前打が敵失となり、続く喜屋武の送りバン...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)