「完敗だが、春よりも内容は良くなっている」。レスリング男子団体の沼津城北の杉山監督は、連覇した日体大柏(千葉)に敗れた準決勝で選手の成長を感じ取った。  日体大柏は春の全国選抜大会準決勝で敗れた因...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)