「やっと夢がかなった」。陸上女子100メートルで全国の頂点に立った児玉芽生(雄城台3年)は喜びをかみしめた。全国のスプリンターと競った決勝は「60メートルを過ぎたところで勝利を確信した」という会心の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)