「4番として決めなければいけない場面。絶対に自分が返すんだ」。2点を追う八回裏1死一塁。3番の清宮幸太郎主将がこの日初安打で出塁し、チームが勢いづく中、打席が回ってきた。狙っていた直球を振り切ったが...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)