道職員とOB、その家族らでつくる赤レンガ走友会のメンバーが30日、交通安全を呼びかけながら後志管内倶知安町から札幌市中央区の道庁赤れんが庁舎前まで、100キロ駅伝を行った。  駅伝は道庁赤れんが庁...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)