東北楽天は敗色濃厚の九回2死無走者から、高校球児のような粘りで逆転勝ちを収めた。今季初の4連敗と同一カード3連敗の寸前だっただけに、梨田監督は「劣勢を耐え忍び、よく勝った」とたたえた。  まず嶋が「...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)