7月初旬に鳥栖に加入したリオ五輪韓国代表のDFチョン・スンヒョンがJリーグデビューを果たした。高い危機察知能力で相手の決定機を封じ、完封勝利に貢献した。  後半6分に途中出場すると、15分には左ク...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)