圧倒的な数的不利を覆せず、浦和は札幌に零封負けを喫した。  主導権を握った浦和は前半32分に左CKから先制点を献上すると、同39分には槙野が一発退場で1人少なくなった。後半から3枚替えしたものの開...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)