男子棒高跳び予選。失敗すれば敗退が決まる4メートル80の3回目で林要瑠(南陽工)が勝負強さを発揮した。「後がない状況だったけど落ち着いていた」。土壇場で見せたのは決勝進出を決める会心の跳躍だった。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)