五回の投球は圧巻だった。中京大中京の左腕、磯村峻平投手(三年)は先頭打者を空振りで取ると、二人目も4球で空振り三振に。そして三人目、この試合2安打されている千田和弥選手(三年)にもわずか3球。絶妙の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)