清水は堅守の横浜Mを相手に2度追い付き、敵地で貴重な勝ち点1をもぎ取った。1―2の後半25分、デュークとのワンツーで左サイドを抜け出した松原のクロスに鄭大世が飛び込み、左足で合わせた。「自分をマーク...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)