抑えの松井裕、「脅威の2番」ペゲーロら投打の主力が次々と負傷離脱した影響と言えばそれまでだが、投打に淡泊な負け方だった。東北楽天は打線の大量援護に投手陣が応える得意の形をこの試合でも見せられず、今季...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)