強打への意識と、今大会初の連投による疲労。明石商を決勝に導いた2年生エース加田は立ち上がりをくじかれた。  「調子はいい」。試合前のブルペンで捕手山本にそう伝えたが、いざマウンドに上がると、今大会...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)