テンポよく投げていたエース田中来起投手(三年)が三回につかまった。カウントを取りにいった球が甘く入り、連打を浴びた。  初回から表情はさえなかった。ベンチの松崎圭吾投手(同)は親友の様子にすぐに気...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)