抜きつ抜かれつの大接戦を我慢強く制した。エースだけに頼らない「全員バスケ」を身上とする佐賀北が延長戦の末、東洋大京北(東京)に87-80の粘り勝ち。大坪郁弘監督は「最後まで冷静に走り抜いてくれた」と...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)