勝負の分かれ目は五回だった。東北楽天先発の左腕塩見は2-2で迎えたこの回、連打と四球で1死満塁とされて右腕戸村と交代。戸村が5点を奪われ、2-7と突き放された。  1死満塁、右打者の安達を迎えたとこ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)