準決勝までの4試合でわずか1失点のエースが、甲子園行きの切符をかけた大舞台でもスコアボードに「0」を並べた。「ここまでできると思わなかった」。神戸国際大付の岡野は最後の打者を仕留めると、右手を突き上...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)