序盤こそ春準優勝校の社や昨夏覇者の市尼崎の敗退で波乱の様相だったが、16強を第1シード10校と第2シード4校が占めたように、実力校が順当に勝ち上がった今大会。163校162チームの頂点に立ったのは、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)