糸を引くようなライナーが幾度も外野に抜けた。鳴門渦潮打線は好球必打を貫いて6得点。昨年夏から3季連続で県大会では準優勝にとどまったうっぷんを晴らし、新時代の扉をこじ開けた。  「低めの変化球を捨て...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)