ソフトバンクとの首位攻防第2ラウンドは東北楽天打線が5安打と湿り、前日と対照的な完敗を喫し、ゲーム差は再び1.5に縮んだ。  敗因は先発東浜を崩せなかったことに尽きる。徹底的な外角への配球に対応でき...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)