小樽商大の江頭進教授が7月、米公文書所蔵資料から米進駐軍が撮影したと思われる終戦直後の小樽の様子が写ったカラー映像を入手した。江頭教授は「この時代のカラー映像はほとんどないはず。今後、詳しく精査した...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)