粘り強い投球でチームを悲願の初優勝に導いた。藤枝明誠の主戦久保田は「気持ちを切らさず、エースとしての投球ができた」と笑みをこぼした。  序盤からリズム良く日大三島打線を手玉に取った。先頭打者に安打を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)